不妊治療

不妊治療費または期間について

赤ちゃんの手

私が不妊治療の中で最も重視し、問題視したのは不妊治療費と期間についてです。まず治療費についてです、保険適用の問題やまだ世間に浸透していない治療であるからか、値段が張る事が大きな問題でした。夫は理解があったものの、新築の家のローンなどがあり共働きで生活を成り立たせていたので、この状態に治療費もかさばるとなると考えさせて欲しいと返されました。
もちろん子どもが欲しいという意思はお互い一緒なのですが、お金の問題となると難しかったようです。両親は孫の顔が見たいという事で、貯金を崩してでも援助したいと言ってくれました。しかしそれは本末転倒、結婚し2人で生活を成り立たせてこと夫婦であると思っていたので、気持ちだけ受け取り断りました。結局治療費は自分達で負担をし、会社の有給を取り生活費はそこからまかないました。
ここで出てきたもう1つの問題は期間です。私の治療はなるべく長期でやる必要があったので、半年以上は期間を取りたかったのですが、会社からのサポートは半年までそれ以上は休んでも良いがサポート出来ないとのことでした。治療費でもかさばり負担が大きかったのに、生活費等のサポートがないとなるとかなり厳しい半年間の治療となりました。以上が私の不妊治療についてです。